スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

のんべんだらり  

gw2017007.jpg

のんべんだらりGWキャンプ。






gw2017004.jpg

gw2017006.jpg

gw2017011.jpg

魚介>野菜>肉









gw2017002.jpg

釣れてくれてありがとう。








gw2017010.jpg










gw2017005.jpg

幸せ時間。
謝謝





スポンサーサイト

category: Outdoor

tb: --   cm: --

HUNTING CAMP  

島20150812007

sanin2015.jpg

タコと目が合ったことありますか?
水中で睨みつけられると ちょっと引いてしまうくらい怖いのです。
こちらが武器(銛)を持っている時にはまだいいけれど、
丸腰の時など、見なかったことにして通り過ぎたくなるほどです。

とは言え、こちらも食糧を調達しないといけないわけで、
勇気を出して素手でエイっヤッとタコを岩から引きはがし、
水中で格闘しながら海面まで浮上するのです。

仲間もそれぞれタコ漁をするので、晩飯には大量のタコが並ぶ。

刺身にタコポン酢、ボイルに焼きタコ。たこたこたこ。
最初は「うまい うまい」と感嘆の声をあげるのですが、
しばらくすると「アゴが疲れるね」 「弾力がね・・・」 と文句を言いだす。

もぐもぐ 飲みこむタイミングがわからないタコを噛みしめながら
素晴らしき島の夜を楽しむのでした。


category: Outdoor

tb: --   cm: --

年を またぐ  

1415年越し001

大晦日は近くのキャンプ場へ
例の如くsoba家にパラサイト  感謝!

Hilleberg Atlas のこのモデルは遮光性がズバ抜けて高く、
中で煌々とランタンを焚いても光を全く通さない
案外、夏にも使えるシェルターかもしれない




1415年越し002

1415年越し003

焼牡蠣にクラフトビール!!! 至極この上ない!!

昼間から呑んで居たので、早々に眠気に飲みこまれ21:00にはシュラフに潜り込んだ

年をまたごうかという頃に、周りの方々のハシャギ声で目を覚ます
当然、僕は寝床からはい出す事も無く、しずかにiphoneの時計を見ながら新年を迎えた






1415年越し004

朝、目を覚ますと白銀の世界!
聞いていない!

ここから新たな地へとおもむくのだが、それはまた別のお話で






category: Outdoor

tb: --   cm: --

忘年会  

忘年会002

忘年会001

仕事を無理矢理に終わらせて、大寒波で真白になった夜道を走る

着いてみればそこはパラダイスでHILLEBERG ALTAI に薪ストーブという快適空間

翌日の事を考えてお酒は早々にストップし茶をすする
結局、寝たのは“ラジオが「おはよう」” と告げる頃
3時間ほど寝て仕事へ向かったのでした

ハードなスケジュールでしたが、とても楽しき宴でした

category: Outdoor

tb: --   cm: --

狩猟民族  

20140914001.jpg




20140914003.jpg





7.jpg


やはり人には狩猟本能があるのだろう
ハンティングというのは僕らの潜在的な部分を刺激する

今回の釣行は不振に終わったが、沢山のタコが獲れた
仲間からは 「食べきれないからこれ以上獲るな」 という御達しが出たが
タコに遭遇してしまえば やはり捕まえてしまう

刺身に湯引き、タコポン酢
干物は格別に美味かった

食べきれなかったタコは自宅にて美味しく頂戴いたしました

最高の形で夏の終を迎えることが出来た


Goatee.outdoor




category: Outdoor

tb: --   cm: --

川涼み  



IMGP0005.jpg

うだるような暑さの頃に近所の川へ涼を求めに行ってきた
浅瀬にタープを立てたけれど、
木陰のほうがよっぽど涼しくて すぐに移動した

アルパカのベッドは相当に気持ちが良さそうでした
少しくらい流してやればよかったです ホント





















IMGP0011.jpg

僕はと言えば、防水カメラを手に魚達を追い回す




















IMGP0055.jpg

IMGP0059.jpg

IMGP0036.jpg

カワムツにヨシノボリ
オヤニラミを見つけた時には相当にはしゃいでしまった
こんな所にも居たんだね
そのフィッシュイーター然とした姿に興奮しないわけがない!
調べてみると、スズキ科 らしい
なるほど どうりで・・・

しばらくカメラに夢中になっていると
「ほんと子どもと変わんないね」
と、お褒めの言葉を頂いたので撤収と相成りました

オヤニラミ 飼育してみたいなぁ

category: Outdoor

tb: --   cm: --

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。