大歩危ショート  

大歩危2

【吉野川-大歩危小歩危】
日本屈指の激流として知られ、世界有数のラフティングの名所である。






大歩危1


まずは大歩危ショートセクションを入念にスカウティング。これでもか!というほどに。
瀬の迫力と「大歩危」というネームバリュー。出発前から心が折れてしまいそうになる。
事実、今までに経験したどの川よりもパワフルで圧倒された。
「いつかはココを越えていかないと」
友人の言葉に後押しされて、大歩危の核心部「三段の瀬」へ。

ポテージという選択肢が直前まで頭を離れなかったが、
「行く」と決断した瞬間に、渦巻いていた恐怖心や迷いが消え、視界がいっきに開けた。
あんな感覚は初めてだし、何よりも印象深かった。

ゴールにたどり着いた時に、あんなにも安堵したのは初めてでした。




▽大歩危 三段の瀬

大歩危セクションの核心部、三段の瀬! #大歩危 #alpackaraft #吉野川

Kenziさん(@kenzi_goatee)が投稿した動画 -







category: Packraft

tag: アルパカラフト  ALPACKARAFT  大歩危 
tb: --   cm: --

HUNTING CAMP  

島20150812007

sanin2015.jpg

タコと目が合ったことありますか?
水中で睨みつけられると ちょっと引いてしまうくらい怖いのです。
こちらが武器(銛)を持っている時にはまだいいけれど、
丸腰の時など、見なかったことにして通り過ぎたくなるほどです。

とは言え、こちらも食糧を調達しないといけないわけで、
勇気を出して素手でエイっヤッとタコを岩から引きはがし、
水中で格闘しながら海面まで浮上するのです。

仲間もそれぞれタコ漁をするので、晩飯には大量のタコが並ぶ。

刺身にタコポン酢、ボイルに焼きタコ。たこたこたこ。
最初は「うまい うまい」と感嘆の声をあげるのですが、
しばらくすると「アゴが疲れるね」 「弾力がね・・・」 と文句を言いだす。

もぐもぐ 飲みこむタイミングがわからないタコを噛みしめながら
素晴らしき島の夜を楽しむのでした。


category: Outdoor

tb: --   cm: --

北海道 パックラフト トラベリング!  

シーソラプチ15023


広島からはるか北の地
北海道での川旅の記録

-- 続きを読む --

category: Packraft

tag: ALPACKARAFT  アルパカラフト  ベイリー  BayLee  シーソラプチ川  北海道  千歳川  空知川 
tb: --   cm: --