タケノコメバル  


takenoko.jpg

メディアの思惑とは裏腹に僕らの層には釣りが定着していない。
それは当然で、こんなに経験値と野性的な勘が必要な遊びもめずらしい。
上達が見えにくいのです。だから面白いのだけど。

それとだね、釣具のデザインはどうにかならないかね?
と失礼ながらも思ってしまうのです。
どうも馴染めないのですよ僕は。
海外メーカーとのデザイン格差たるや。。。 まぁいいんですけど。


タケノコメバルが釣れました。
数が激減してるらしいです。



category: Fishing

tb: --   cm: --

井倉洞  



高梁川上流部
10月後半なら比較的軽装でOK。曇ると寒い。
14:00頃から水量アップ。底はスルがなんとか大丈夫。
tatsulowさんと。


category: Packraft

tag: ALPACKARAFT  アルパカラフト 
tb: --   cm: --

朝霧 jam 2015  

朝霧JAM15001

静岡駅に降り立った僕は少し緊張していた。
シゲさんとは去年の式根島ぶりだし、先輩とは2年も会っていないのです。

みんなは相も変わらずの安定感で僕を迎えてくれました。
ほっとするなこのメンバーは ほんと。

静岡に4日も滞在すれば帰りが寂しくなるわけで、
駅で見送ってくれた時はちょっと泣きそうでした。

しかしだね、朝霧は年によってアーティストにムラがありすぎやしませんか?
音楽を楽しみに行っているわけじゃないからいいのですが。



category: Others

tb: --   cm: --

真鯛  

真鯛15003

真鯛15004

真鯛15002

真鯛15006


昼間から防波堤で だらだらとビールを飲み、今晩の食糧を狙うが全く生命観が無い。
釣れなくても秋晴れの海で糸を垂れているだけで気持ちがいいのです。
というのは言い訳で、やっぱり釣りは釣ってなんぼ。

夕暮れ間際 瀬戸内屈指の激流にて真鯛を釣り上げる。
「釣れた」感は否めないけれど、それも実力の内でしょ?(という事にしておいてよ)

釣り上げた天然真鯛を見よう見まねでさばいた。
最近は生きた魚に包丁を入れることに抵抗感が無くなってきている。
すごく自然なこと。人間らしくなってきた。
心の中でごめんね とつぶやきながら

当然、釣りたての真鯛は旨い。
最高だな なんて2人で笑いながら酒をあおった。

キャンプ場受付の天使の話で深夜まで盛り上がれる僕らはまだまだ若い。



category: Fishing

tb: --   cm: --