剣山  

剣山14016

記事が前後するけど5月下旬のお話

式根島鈴鹿の連続トリップで
そろそろ懐も寂しくなってきた頃でしたが、
晴れ間を有効活用すべく剣山へ行ってきました

続きをどうぞ


今回のハイクはtakemicchyさんの記事を観てから思い立った
遠方の方のレポートを見ると、近くの物がグッと良く見える


ただ、近くと言えどアクセスに難あり!
離合に気を使うような山道を永遠と走る
4速ミッション重ステの車では、少々厳しい4時間の道のり




























剣山14014

それでは出発
剣山 山頂はスルーして巻き道を選択
この先に期待が高まる

そう!ただ美しい景色が観れれば、それでいいのです






















剣山14015
剣山14017

この美しい稜線! 会えて嬉しいよ!
しばしこの景色を堪能し、先へと進む































剣山14018

何の迷いも無く次郎笈もスルーしトラバースを歩く










































剣山14019

剣山14002

剣山14022

この時点で、どこまで行くか決めかねていた

色んなルートを想定するが、この先 水場が少ないので とりあえず補給
やはりソロは気ままに動けるので好きです




































剣山14021

かなり近くで発砲音
どうやら鹿の被害多いようです
どうりで立ち枯れた木があるわけだ
しかし、こんなに近くで猟師さんを見るのは初めて!
やっぱ銃はおっかねぇです

































剣山14025

剣山14023

剣山14005

丸石避難小屋あたりで遅めの昼食
さて、どこまで行こうか

三嶺までのあらゆるケースを考えたが、
かずら橋まで下り、冷たいビールをたらふく飲む 
という最も怠惰なルートに決定したわけです


































剣山14028

剣山14027

そうと決まれば、さっさと下るのみ
冷たいビールが待っているのです















































剣山14006

剣山14035

剣山14036

剣山14007

泊りの受付を済ませ
ビールをグビリ
この瞬間がたまらない






































剣山14032

Mountain Laurel Designs DuoMid  + Six Moon Designs Serenity NetTent


































剣山14008

剣山14009

お手軽オイルサーディン!
ひと手間 加えると満足感も増します












お酒をたらふく飲んで、
沢の音を聞きながら眠りにつく

















翌朝











剣山14011

バスの時間まで1時間以上あったので、
ヒッチハイクをしてみる

なんとかなるものですね
心優しき方が乗せてくれました

感謝 感謝!


自由きままに奔放に、こんな旅が自分には合ってる
良きハイキングであった!


ただ、次は三嶺まで行きたい!








category: HIKE

tag: MountainLaurelDesigns  DuoMid 
tb: --   cm: --