SUKIYAKI  

山2016013a001

ぐーすかぴー と昼寝をきめこみ、起きてみると夕焼け時。
雲が染まり幻想的な世界が広がる。
シャッターを押すのをやめて日が沈むのをじっと見入っていた。
また明日会いましょう。

寒くなってきたので晩御飯にします。










山2016013a003


友人がガサゴソと取り出した豆腐にしらたき、卵に肉 エトセトラエトセトラ
山で すき焼きが食べられる幸せ。

終盤はホットワインとチョコ。









山2016013a004

テントを開けてシュラフに潜ったまま朝日を待つ。
気温は-10℃まで下がってなかったと思う。
だんだんと明るくなる空を見ながらウトウト。
今回は寝てばかりだ。それが最高に気持ちがいいのです。
























山2016013a002

山2016013a005

山2016013a006



そうそうに下山して昼過ぎには帰宅。

いつものように険しくも辛くもない山でした。
僕にはこれがちょうどいいのです。
むしろコレがいいのだよ。うん。


category: HIKE

tb: --   cm: --

Easton 24  



雪山用に新調したEaston 24”(という60㎝以上あるペグ)は、
早々に地面に到達し、それ以上ささらなくなった。
雪が無いのだから仕方がない。
今までは自作のスノーペグを埋めていたけれど、
Eastonの方が格段に使いやすいし撤収も楽だ。
雪にバッチリ効くらしいです。

MLD / Duo MIdと、友人のGolite / Utopia。
cubenは雪山で保護色。オススメしかねます。

category: HIKE

tb: --   cm: --

雪がない  



201501071.jpg

期待を込めて車に積んだスノーシューの出番は無く、
代わりに軽アイゼンを履いて進む。雪が無いのです。

これで天気が悪ければ滅入ってしまうとこだけど、
適度に広がる雲が美しい空を創りだし、日が出ればボカボカと暖かい。
太陽は偉大だ!

設営を済ませ、ビールを飲んで酔っぱらってしまったので
ゴソゴソと温かなシュラフに潜り込む。

「夕暮れまで少し昼寝でもしますかね?寝過ごしたら起こしてね。」
おやすみなさい。



category: HIKE

tb: --   cm: --

2015  




2015008.jpg


2015006.jpg


2015002.jpg


2015001.jpg


2015013.jpg


2015012.jpg


2015014.jpg


2015010.jpg


2015011.jpg


2015005.jpg


2015016.jpg


2015003.jpg


2015004.jpg


2015015.jpg


友人たちに感謝。
来年もよろしくお願いします。


category: Others

tb: --   cm: --

雪の季節  

kenashi1501003.jpg

「夏は暑いから」と言い訳して山には行かない私も、この時期になるとソワソワします。

雪山で一晩を過ごす非日常がたまらなく刺激的なのです。
酔っぱらってシュラフに潜り込み、雪がテントを滑る音を聞きながら眠ります。
サラサラサラ。とても気持ちいいのです。

今年はどんな料理を作ろうか。
気が早いのですが、もうそんな事を考えておるのです。






category: Others

tb: --   cm: --

タケノコメバル  


takenoko.jpg

メディアの思惑とは裏腹に僕らの層には釣りが定着していない。
それは当然で、こんなに経験値と野性的な勘が必要な遊びもめずらしい。
上達が見えにくいのです。だから面白いのだけど。

それとだね、釣具のデザインはどうにかならないかね?
と失礼ながらも思ってしまうのです。
どうも馴染めないのですよ僕は。
海外メーカーとのデザイン格差たるや。。。 まぁいいんですけど。


タケノコメバルが釣れました。
数が激減してるらしいです。



category: Fishing

tb: --   cm: --

井倉洞  



高梁川上流部
10月後半なら比較的軽装でOK。曇ると寒い。
14:00頃から水量アップ。底はスルがなんとか大丈夫。
tatsulowさんと。


category: Packraft

tag: ALPACKARAFT  アルパカラフト 
tb: --   cm: --

朝霧 jam 2015  

朝霧JAM15001

静岡駅に降り立った僕は少し緊張していた。
シゲさんとは去年の式根島ぶりだし、先輩とは2年も会っていないのです。

みんなは相も変わらずの安定感で僕を迎えてくれました。
ほっとするなこのメンバーは ほんと。

静岡に4日も滞在すれば帰りが寂しくなるわけで、
駅で見送ってくれた時はちょっと泣きそうでした。

しかしだね、朝霧は年によってアーティストにムラがありすぎやしませんか?
音楽を楽しみに行っているわけじゃないからいいのですが。



category: Others

tb: --   cm: --

真鯛  

真鯛15003

真鯛15004

真鯛15002

真鯛15006


昼間から防波堤で だらだらとビールを飲み、今晩の食糧を狙うが全く生命観が無い。
釣れなくても秋晴れの海で糸を垂れているだけで気持ちがいいのです。
というのは言い訳で、やっぱり釣りは釣ってなんぼ。

夕暮れ間際 瀬戸内屈指の激流にて真鯛を釣り上げる。
「釣れた」感は否めないけれど、それも実力の内でしょ?(という事にしておいてよ)

釣り上げた天然真鯛を見よう見まねでさばいた。
最近は生きた魚に包丁を入れることに抵抗感が無くなってきている。
すごく自然なこと。人間らしくなってきた。
心の中でごめんね とつぶやきながら

当然、釣りたての真鯛は旨い。
最高だな なんて2人で笑いながら酒をあおった。

キャンプ場受付の天使の話で深夜まで盛り上がれる僕らはまだまだ若い。



category: Fishing

tb: --   cm: --

四万十×川旅   

2015090四万十010

四万十川

続きをどうぞ





-- 続きを読む --

category: Packraft

tag: ALPACKARAFT  アルパカラフト  Feathercraft  ベイリー 
tb: --   cm: --